シワ対策

プラセンタの女性ホルモンへの働きかけ

女性ホルモンは非常にデリケートな存在です。
女性ホルモンの目覚めは、初潮時に起こります。
現代は豊かな食生活が出来る環境なので、10代前半で初潮を迎える人が多い傾向です。
初潮が起きると徐々に女性ホルモンが活発化し、女性らしいくびれのある身体へと変化していきます。
バストの成長も顕著になり、ニキビが現れ女の子の悩みが尽きないのも10代のホルモンバランスの特徴です。
成長ホルモンと重なるので心のバランスも乱れがちですが、20代を迎えるころにはホルモンバランスも落ち着き、月経サイクルも整います。
しかし、ストレスや睡眠不足などで簡単にホルモンバランスが乱れてしまうので、無月経に陥ったり月経サイクルに大きな乱れが起きたり、などの変化が起きる場合もあります。
このように年齢によっても変動しますし、ストレスなどの外敵要因にも非常に悩まされるものなのです。

また、女性ホルモンの最大の難関は閉経です。
これは女性ホルモンが徐々に減少していき月経が終わることを意味します。
この時、ある日突然月経が終了するのではなく、兆候として「更年期障害」が起こります。
更年期障害はホルモンバランスが非常に乱れ、心と身体のバランスも極端に崩しやすい時期です。
そこで、この時にホルモンバランスを支えてくれる成分を摂取することで、辛い更年期障害からの解放感を感じることが出来ます。
女性には誰しも閉経が訪れますが、穏やかに迎えるためにサポートが必要です。
その成分とは「プラセンタ」です。
プラセンタはPMSや更年期障害の緩和にも大変役立ってくれます。
医薬品としても存在し、脳下垂体に働きかけることで正常なホルモンバランスへと誘導してくれるのです。
胎盤から採れると聞くと、不安を感じるかもしれませんが安全性が確認された良質なものだけを使用しているので、病気の感染リスクもありません。
プラセンタを摂取し女性ホルモンをコントロールしましょう。
更年を乗り越えれば、また女性としての楽しい時代が到来します。