シワ対策

プラセンタの意味は

美容系雑誌や女性向けのファッション誌を覗いてみると、「プラセンタ」という言葉をよく耳にします。
でも健康成分や美容成分として広告されていても、ビタミンのように野菜に含まれているなどすぐに想像がつかない成分でもあります。
さらに、植物由来である「プエラリア」という成分もあるので、混同している人も少なからずいらっしゃるようです。

プラセンタは植物由来のものではありません。
その成分の原料は、ちょっと意外なものなのです。
それは「胎盤」です。
人間は人工的に授精することまでは進化しましたが、今もなお出産は太古の昔から変わらないものです。
赤ちゃんは母親の胎内で10か月を過ごしますが、この間栄養素は胎盤を経由して赤ちゃんへと移行します。
つまり、胎盤=プラセンタは母なる成分なのです。
アミノ酸やミネラルもたっぷり含まれているので、摂取をすることで滋養強壮や美容の効果が十分に期待できます。
でもどうして胎盤に注目が集まるようになったのでしょうか。
意外なことにその歴史は古く、紀元前から胎盤は薬として重宝されてきました。
現在は胎盤を利用する際。
厳密な滅菌の作業が行われていますし、血液が混入することもありません。
ちなみに、胎盤を英語にするとプラセンタという呼び名になります。
現在日本のみならず、世界中で愛用されておりハリウッド女優も注射を愛用していると言われています。
このように、歴史もあり、そうそうたる愛用者が居るとても強力な成分なのです。

楽しみ方は至って簡単です。
胎盤がそのまま出荷されているわけではありません。
サプリメントやドリンクに加工され、摂取しやすい状態で手に取ることが出来ます。
また、美容整形外科や婦人科系の病院では医療行為が出来るので、注射をすることも出来ます。
しかし、この際1点注意が必要です。
婦人科系で治療を受ける場合には更年期障害の改善薬として利用するので保険治療対象になります。
しかし、美容整形は保険対象ではないので、実費の負担が求められます。
価格の差に注意しましょう。