シワ対策

プラセンタの原料は

どんな美容成分もそうですが、必ず原料があります。
例えば肌にハリや潤いを与えると評判のイソフラボンは、大豆由来のため成分表には大豆の表示がなされています。
その他にも、健康成分は野菜や動物など様々なものを原料に抽出されています。
原料が気になる方は、あらかじめ使用したい健康成分の原料を事前に調べてから使用すると良いでしょう。
では、今脚光を集めている「プラセンタ」は、一体どんな原料を使っているのでしょうか。
実はこの製品には様々な原料が使用されており、大きく3つに分けることが出来ます。
それは、動物性・植物性・海洋性の3つです。

そもそもプラセンタとは、英語で胎盤という意味があります。
胎盤とは、赤ちゃんと母体をつないでいる器官で、出産と同時に外へ排出されます。
ヒトの出産の場合、赤ちゃんが外へ生まれた後、胎盤が排出されてくるのです。
医療用の更年期障害治療向け製品に胎盤が使用されていますが、これはヒトの出産時のものを医療用として管理加工し、出荷されたものです。

美容向けとして世間に流通しているものはヒトの胎盤ではなく、豚や馬の胎盤を使用しています。
血液が混じらないように加工しているので、安全性に問題はありません。
そして、最近動物の胎盤を使わないオーガニックな製品も登場しています。
これは「植物性」と呼ばれ、植物の胎座を使用しています。
成長因子はありませんが、ビタミンなども豊富です。
また海洋性は魚の身体の中にある「卵巣膜」を使用します。
こちらも成長因子は含みませんがアミノ酸は豊富です。
鮭を使用しており、健康にも良いので動物性製品を避けた意人には良いでしょう。
しかし、胎盤に類似している部分を使用しているので、完全な動物性プラセンタの効果とはまた一線画していると理解しておくと良いでしょう。
いずれにせよ、どの製品も一定の効果は得られるものです。
長く愛用することが大切なので、続けることを意識しましょう。
ただし、いくら体にいいとはいえ、プラセンタの過剰摂取は厳禁です。 美も健康も一日にしてはならず、です。